私募債ヘッジファンドの投資スキーム
Pocket

世界には優秀な運用成績を上げるヘッジファンドと呼ばれる資産運用会社が多数存在しますが、これらは私募ファンドといって、投資信託等とは異なり金融機関で取り扱いがありません。

なぜならヘッジファンドは金融規制が緩く情報開示義務がないからです。元々、ヘッジファンドはプロ投資家向けでした。プロを相手に私的に資金を募るため、投資信託のように一般投資家向けと異なり、細やかな情報開示を行う必要がないという建前なのです。

そのため誰でも購入できるわけではありません。しかし最近は一般投資家でも受け付けるヘッジファンドが登場し、通常であれば1億円以上の資金が必要ですが、1,000万円くらいから受け付けています。

投資信託との最大の違いは、ヘッジファンドは、顧客の資産を増やした金額に応じて一定の割合の「成功報酬」を受け取る仕組み採用しているため、どんな市況局面でもプラスのリターンを確保するべく運用する投資戦略を使います。

つまり投資信託を販売する金融機関と違い、販売時に受け取る手数料で稼ぐビジネスモデルではなく、安定してプラスを出し続け、顧客を儲けさせることを追及する資産運用会社のため顧客とWinWinの関係でなければ成り立たない存在なのです。

成功報酬が高額ですが、ヘッジファンドを活用する機関投資家や富裕層投資家がこぞって運用資金を提供しています。例えばハーバード大学基金のように全体の20%の資金を拠出する機関投資家も珍しくありません。

当エージェントに登録しているヘッジファンドの最低投資額は1,000万円以上ですが、当エージェントの紹介から500万円でも受け付けてもらうことができます。もし運用成績が期待以上であればさらに資金を積み増すこともできます。

ヘッジファンドのご紹介について
Pocket