富裕層
Pocket

世界の名だたる投資家たちは、なぜヘッジファンドでの運用を選択するのでしょうか。富裕層の資産運用の世界において、最高クラスのステータスを誇るヘッジファンドには選ばれる理由があります。

ヘッジファンドは「高いパフォーマンスが期待できる」だけでなく、その「ビジネスモデルに納得感があり」、また、評価され続けているからこそさらに高い成果をあげる「好循環の中にいる」という選ばれる理由があるのです。

実績があり高いパフォーマンスが期待できる

ヘッジファンドはその高い運用パフォーマンスによって、高い評価を得ています。ヘッジファンドの運用パフォーマンスは平均で15~20%程度と言われており、個人が投資できる金融商品としては最高レベルのリターンを享受できます。

また下げ相場に強く、市場が下落している局面であっても、ファンドのパフォーマンスだけは下げ幅を限定的にすることができます。

したがって、「利益が出やすく、損失が出にくい」のがヘッジファンドでの運用であると言えます。

ビジネスモデルに納得感がある

ヘッジファンドの報酬は、成果報酬が中心です。つまり、ファンドとして運用で成果を上げた部分から、その一部を報酬として受け取ることをビジネスとしての主な収入源としています。これは販売手数料を稼ぐことを目的に投資信託の売買を仲介する銀行や証券会社とは全くの別物であり、投資家に対してとてもフェアな報酬体系であると言えます。

ヘッジファンドの目的は、売買では無く運用で成果を上げることであるため、不必要な回転売買などは行われず、純粋に投資業だけに専念しています。

どんな局面でも成果を残す運用を行う

成果報酬が主軸となるビジネスモデルの話とも関連しますが、ヘッジファンドの目的は「運用で成果を上げること」であり、すなわち、どのような局面(リーマン・ショックのような金融危機でさえ)でも収益を上げるための活動を行います。一方で、投資信託は運用を”代行すること(=管理手数料で稼ぐこと)”がメインのため、市況が大きく傾いている場合は、必ずしもプラスの成果をもたらしません。

大切な資産を運用する個人投資家の方にとって「市況がよくないから資産が減ってもしょうがない」では話になりません。マーケットの動きに関わらず成果をあげるからこそ、ヘッジファンドは数多くの投資家に支持されています。

勝ちが勝ちを呼ぶ好循環の中にいる

ヘッジファンドは金融の世界において、一定の地位を築いています。そのため、ヘッジファンドが投資することによって、価値が上がるという不思議な現象さえ引き起こすのです。

ヘッジファンドがある企業に対して投資を行うと、「これまで高いパフォーマンスを上げているファンドが出資するのだから価値があるはずだ」と判断され、その企業の価格が上昇することがあります。結果として、出資すること自体が価値を高め、自社(ファンド)の投資を成功に導くのです。

あるいは、金融業界の最先端を行くヘッジファンドには、最新の情報が集まってきますし、その中で業界内の連携も強化されます。

これまで勝ち続けてきたファンドだからこそ、新たな”勝ち”を生む。ヘッジファンドはそんな好循環の中にいるのです。

このように、ヘッジファンドが世界の富裕層や機関投資家の間で評価され・支持されるのには、きちんとした理由があります。

加えて、彼らは高い専門性と最先端の知識・理論を持って運用を行なっています。世界で支持されるヘッジファンドには選ばれる理由があるのです。

ヘッジファンドのご紹介について
Pocket