連結決算とは

27
カテゴリー: ら行
Pocket

連結決算とは、グループ企業などにおいて、親会社と子会社など、複数の企業全体を一まとめにして決算を行うことを指す。企業単体での決算を表す「単独決算」と対になるが、2000年3月期以降、連結決算の方が単独決算よりも重要であると位置付けられている。

連結決算をすることで、グループ内での債務や売上などは相殺されるため、子会社や関連会社を利用した決算操作を行うことができなくなり、グループ全体の経営実態(財務状況)をより正確に把握できるようになる。

連結対象には、子会社(親会社の株式出資比率が50%以上)や孫会社(親会社と子会社を合わせた株式出資比率が50%以上)、関連会社(株式出資比率が20%以上50%未満)が含まれる。

また、連結決算によって、グループ全体について作成される財務諸表のことを「連結財務諸表」と言う。

Pocket