配当控除とは

    19
    Pocket

    配当控除とは、株式投資で得た配当金や、投資信託から得られる分配金に応じて、税金(所得税と住民税の合計)を控除できる制度のことである。

    法人税(株式の配当に際し、すでに課税されている)に加えて、投資家が所得税をそのまま納税すると、「二重課税」となってしまうため、これを解消する目的で設けられた制度である。

    配当控除は、すべての株式投資が対象になるわけではなく、先に説明した「二重課税」の観点からも、「国内株式の配当金」や「国内上場株式投資信託の分配金」などがこれに該当する(法人税のかからない外国株式などは該当しない)。

    Pocket