配当性向とは

22
カテゴリー: は行
Pocket

配当性向とは、投資の際に使用される判断指標の1つであり、「当期純利益のうち配当が占める割合」のことを指す。

すなわち、
配当金支払額(1株あたり)÷ 当期純利益(1株あたり) = 配当性向
の式で表される。

配当性向が高いと投資家に利益を還元していることになる一方で、配当性向が低い場合、利益を内部留保し次の事業投資に費やすことが可能になる。

特に、成長企業(ベンチャーなど)は事業投資や設備投資を行うことで、企業としての成長、ひいては株価の値上がりに繋がるため、投資家としては「配当性向が低い=投資先として魅力的でない」などと一概に判断せず、詳しく検討する必要がある。

一般に、日本企業の配当性向は20~30%前後が平均とされており、これは海外の企業と比較して低い。

企業の余剰金を切り崩して、純利益以上の配当を支払う場合などに、配当性向が100%を超える場合もある。

利用頻度:★★★

 

Pocket