三角保ち合いとは

    17
    Pocket

    三角保ち合いとは、相場(チャート)のパターンの一つで、株価が一定の価格帯で変動している「保ち合い」の状態において、上値と下値の値幅が徐々に小さくなり、上値抵抗線と下値支持線が交差する状態のことを指す(値動きが三角形▶︎に見える)。

    三角保ち合いは、主に「上昇三角形(より上値抵抗線に寄っていく状態)」「下降三角形(より下値支持線に寄っていく状態)」「対称三角形(上値と下値の中間に収束する状態)」の3種類に分類され、特に「上昇三角形」ではその後値上がりの可能性が高く、「下降三角」では値下がりの可能性が高い、「対称三角形」ではどちらにも触れる可能性があると言われている。

    Pocket