シャープレシオ(Sharpe Ratio)とは

36
カテゴリー: さ行
Pocket

シャープレシオ(Sharpe Ratio)とは、1966年にアメリカの経済学者であるウィリアム・シャープ(William Sharpe)によって提案された、投資の効率性を測る指標の一つであり、この値が高ければ高いほど、より効率的な運用を行えていることを示す。

リスクを伴った運用について、安全資産を上回る収益がどの程度リスクに見合っているのかを表す数値であり、複数の運用パフォーマンスを比較する際に用いられる。

シャープレシオは以下の式で表される。

シャープレシオ=(リターン – 無リスク資産のリターン)÷ 標準偏差

※標準偏差:リスク

つまり、同じリスク(標準偏差)であれば、より高いリターンの運用の方が効率が良く、また、同じリターンの運用であれば、よりリスク(標準偏差)の低い運用の方が効率が良いということが表される。

利用頻度:★★★

Pocket