スタグフレーション(Stagflation)とは

38
カテゴリー: さ行
Pocket

スタグフレーション(Stagflation)とは、景気の停滞を意味するスタグネーション(Stagnation)と、物価の上昇を意味するインフレーション(Inflation)を組み合わせた造語であり、景気が停滞している(不況)にも関わらず物価が上昇する経済現象のことを指す。

物価の上昇(インフレ)は好景気(賃金の上昇、失業率の低下など)の際に起こり、物価の下落(デフレ)は需要が落ち込む不景気の際に起こるのが一般的である。したがって、賃金が上がらない状態でモノの価格のみが上昇する、スタグフレーションは、資産の実質的価値まで減少するため、生活者の経済状況は極めて厳しくなる傾向にある。

主に、原油や穀物といった原材料の供給不足(超過需要)に伴う価格高騰などが原因とされており、具体的なケースを挙げると、1970年代に起きたオイルショック(石油危機)などがこれに該当する。

利用頻度:★★

Pocket