評価損益とは

    30
    Pocket

    評価損益とは、別名「含み損益」とも呼ばれ、株式や債券、外貨、不動産、現物(金)などの「時価(評価額)」と「簿価(購入時の価格)」の差額のことである。「時価」が「簿価」を上回っていれば、その差額は「評価益(含み益)」、反対に「時価」が「簿価」を下回っていれば、その差額は「評価損(含み損)」となる。

    一方で、実際に決算をし、確定した損益(購入時と売却時の価格の差)のことを「実現損益(確定損益)」とも言う。ただし、こちらについては、時価と簿価の差額に、別途手数料が計上される場合もある。

    例えば、100万円で購入した株が、120万円に値上がりした場合、株を売却せずとも「評価益=20万円」となる(実現益は0円)。これを売却し、その際に100円の手数料がかかった場合、実現益(確定利益)は199,900円となる。

    Pocket