円安とは

11
カテゴリー: あ行
Pocket

円安とは、「ドル」などに代表される外貨に対して、円の相対的な価値が下がる(安くなる)ことである。例えば、1ドル=100円を基準に、1ドル=120円になれば「円安になった(円安が進んだ)」と言い、反対に、1ドル=80円(100円以下)になることを、「円高」になる(円高が進む)と言う。

円安が進むと、外貨で日本製品を買いやすくなる(あるいは、日本円での販売価格が上昇する)ため、輸出量の増加や観光収入の増収が見込まれる。一方で、海外製品の日本円価格は上昇するため、輸入品や原油などの価格が上昇する可能性が懸念される。そのため、日本の場合は円安が進行すると、製造業などの業績向上が期待される。

ただし、そもそも円安の背景には、(諸外国と比較した)金利の低下や日本経済そのものに対する不安や懸念の現れであり、注意が必要になる。

利用頻度:★★★

Pocket